アダルト動画ブログ管理人のブログ

アダルト動画ブログ4つ始めました。おまけでアイドルブログも1つ始めました。

個人撮影 ライブチャット コレクターが検索で勝ち始めた & 広告設置について

文章書くの疲れるのでなるべくシンプルに画像等を交えながら説明していきます。

▼まず自分が一番力を入れているアダルトブログがコチラ
個人撮影 ライブチャット コレクター

ドメインがspochann.comなのはスポーツのアンテナサイトを作ろうと思ってドメイン取ったからです。

気づいたらアダルトブログになっていました。

何を言っているかわからないと思いますが、私も自分で何を言っているのかわかりません。

それはともかく.comは検索に強いみたいな噂を聞きますがどうでしょうか。

▼他に運営しているブログ
えーぶいらぼ http://avlabo.net/
エロハムスター http://erohamster.xyz/
JAV COLLECTER http://javcollecter.xyz/
ぷにたん http://niceidoljustpure.net/

.net 2つに .xyz 2つ

xyzは30円で買えます。
チキンラーメンを1回我慢すれば買えます。
更新時(1年ごと)に普通の.com.net並の料金を取られるのでそれ狙いの価格設定だと思いますが。

xyzに関しては検索に悪い影響はない、.comと変わらん!みたいな都市伝説があってそれを信じて買いました。
googleの仕組みは中の人以外誰も知らないので真実はわかりませんが。

ただユーザーとして.comが安心できるというのはあると思います。
安心できるサイトなら何度も訪れてもらえるし、ブックマーキングされる可能性も上がったりして、人が集まることによって結果的に検索に強くなるということはあるかもしれません。

それに.comでも年単位で考えると大した価格ではないので、これからブログを始める人はケチらずに.comで良いと思います。

冒頭から余談で本題を忘れてしまっていましたが

spochann.comが検索で勝ち始めたんです。


まずこれを見て欲しい。
google analyticsでのgoogleからの検索流入のグラフ
f:id:kosatsu:20161101194603j:plain

右肩上がりで、現在1日3000人くらいがgoogleから訪れてくれています。

▼続いてモンスターアンテナサイトである『動画エロタレスト』先生からの流入
f:id:kosatsu:20161101201330j:plain

なんだこのムラは!
最初と今とでたいして変わらない。

タレスト内でのサイトランク
f:id:kosatsu:20161101201834j:plain

374位(恥)
PV数は圧倒的に増えていて、タレスト先生に送り返している量も数十倍になっているはずなんだけど送ってもらえる数に変化なし。
昔は送り返せる量が1日10以下とかザラだった。
今は200、300返せているんだけど何も変わらない。
タレスト先生がまだ育ってないブログにいかに優しいサイトかがわかる。

でも、たぶん今後もサイトランク上がることなさそうだからブログパーツは必要最低限でいいかなぁ。
10返しても300返しても同じ扱いならベタベタ貼る意味ないなぁと。
他のアンテナサイトのRSSを設置すべきなんだろうと思う。
無料ライブチャット動画アンテナとかタレスト先生の1割以上のアクセスくれてるのに、サイドバーに文字リンク設置したくらいだし。

検索で勝ち始めた最大の理由は完全にこういうタレスト先生以外のアンテナサイトのおかげだと思う。
ページの被リンクが増えてサイトの価値が上がった。
特にメールとかもなく勝手にアンテナに登録されてアクセス送ってくれているので、こちらからRSSを設置する義務もなく、本当にありがたい存在でしかない。
逆にタレスト先生に対してはサイトにブログパーツを設置しまくっているので、GoogleのAIが親サイトみたいな認識をしているのか、検索結果を吸われちゃう。

でも最近、タレスト先生が無修正の動画の取扱いをやめたことで検索流入が確実に増大した。
今自分のサイトは無修正動画と非無修正動画を半々くらいで記事更新しているけど、今まで全ての記事がタレスト先生で掲載されていて、まるでタレスト先生のオリジナルコンテンツであるかのように検索結果でタレスト先生が上位表示されてしまっていたのが、自分のサイトでタレスト先生に掲載されない記事が半分生まれたことで独自のコンテンツを有するサイトとして認められた感じ。

それとPubSubHubbubを導入したのもよかったと思う。
Google検索エンジンに即インデックスできるwordpressプラグインで、Googleも推奨しているので使わない手はない。
これを導入しないと、記事を書いてもGoogleのrobotによるクローリングを待ってインデックスされることになり、他のサイトがこれを導入した状態で自分のサイトの記事をパクった場合、自分のサイトの方が後にインデックスされることにより逆にパクり認定される可能性もある。
検索で勝つためには必須のプラグインと言って過言じゃないと思う。

あともう1点。
個人撮影 ライブチャット コレクターは広告をほとんど設置してない。
これが大きいと思う。
検索で勝つためにそうしたわけじゃなく面倒くさくてそうなってたという…(笑)

今設置してる広告は

■OCTOPUS POP(代理店:フィング)
エロブログ系ではお馴染みのPOP広告。
リンクを踏むと新しいタブが開き、それまで見ていたタブが広告に変わるというもの。
数時間(6時間だったかな?)に1回発動。
一番の稼ぎ頭かも。

■DMMランキング ヘッダーに設置
DMMにAPIがあったことを知らなくてスクレイピングにて設置w
たまに売れる。
あまりヘッダーでスペース取りすぎると使いづらいサイトになるのでこれくらい控え目なのが丁度いいかなと思っています。
それとDMMでの商品で何が売れているのか流行りをチェックできるのも自分的には便利だし。
広告だけど悪い子じゃない感がある。

■MGS(動画エロタレストとMGSコラボのブログパーツ)
サイドバーにタレストの普通のブログパーツと同じレイアウトで設置。
正直商品が売れることはあまり期待していない。
このブログパーツを設置することによりタレストさんから優遇措置を受けられるというメリットがあるので、そっちが本命。
でも9/30にタレストさんが「優遇措置だけ受けようとする残念な方がいらっしゃるようですので、」とおこになり、条件を設定されました。
その条件とは設置数2件以上というもの。
つまり1件だけ設置して優遇措置だけ受けようとしていた残念な方がいたってことですね。
私です。

今は2件だけ設置しています(笑)
だって売れないんだもん!
10月は1646クリックされて2件売れました。
収益784円。
都内のラーメン1杯分の稼ぎです。
あってもなくてもいいレベル。

忍者AdMax
普段PCでサイトに訪れてくれている方は知らないと思います。
スマホだけに表示されるレクタングル広告とオーバーレイ広告を設置しています。
レクタングル広告とは、バナー広告が横長なのに対して正方形に近い形の広告のことです。
オーバーレイはスクロールしてもストーカーのようについてきて下に表示されるやつです。
さすがにオーバーレイは鬱陶しいだけあって、レクタングルの10倍近く稼ぎます。
スマホだけの広告にしているのは、なぜかスマホだけの方が収益がよかったからです。
それに加え、PCでも見れる広告にした場合、胡散臭い広告ばかり表示されて長く検証したくもありませんでした。
「30万稼げる!」とかそういうイラっとするやつ。
「うわっ…私の年収、低すぎ…?」というフレーズとともに女性が口元を抑えながら驚くセンス溢れる広告なら許すんだけど。

余談ですが、最近検索で勝ち始めたことにより広告出稿の依頼メールがたくさん来るようになりました。

[特定のASPに対する批判的内容の数行を削除しました(2017年1月18日)]

アダルトサイトをこれから始める人 or 既に運営している人にもclicl保証広告は忍者AdMaxをオススメします。

自分は忍者と言ったら無料ブログとか無料ツール(カウンターとか)のイメージしかなかったんだけど実際に使ってみてASPとしてかなり優秀だと知った。
他のclick保証広告も色々試してみたけどほとんど振込最低額に行かないようなものばかり。
忍者は設置した月から振込最低額を超えて、サイトのアクセス数の増大に比例して少しづつ右肩上がり。
よくあるのは最初だけ単価よくて気づいたら地に落ちてるとか。
そんな詐欺同然のASPが多い中、忍者の数字は信頼できるし優良企業っぽい。
しかもメールのやりとりとかいらないから気軽に始められます。
どこかの代理店と付き合いがあって既にclick保証広告を設置している人も、一度忍者を設置してどれくらい稼げるか試してみれば、今設置してる広告の単価を上げる材料として使えるかもしれません。
「忍者試してみたらこれだけ出ましたよ~、おたくの広告もっと単価上げれるんじゃないですか~?」的な感じで。
あ、もうちょっと丁寧な感じで。

長々と書きましたが、特に結論もなく。
まぁもっと広告設置を最適化できたらいいなと思いつつ、面倒くさいなぁと思いつつ、最近検索で勝ち始めて広告出稿依頼メール頻繁に来るようになったし、どうすっかなぁ~的な感じで悩んでいたのでブログで思考の断片を出力した感じです。
読んでくれた人に少しでも参考になることがあれば幸いです。
長文駄文失礼しました。